2018年5月19日土曜日

明日の礼拝案内

ペンテコステ主日礼拝

2018年5月20日(日) 午前10時30分


朗読箇所 エペソ 1:15-23
説 教 題 「昇天と即位」
説 教 者 小嶋崇 牧師


エペソ書講解(5)

2018年5月15日火曜日

今日のツイート 2018/5/15

久しぶりの「今日のツイート」です。

「キアスムス(交差並行法)」
 旧約聖書によく見られる「文芸的(リタラリー)技法」のことですが、ジェームズ・ジョーダンと云う方が「6書(ヘクスタチューク)」を交差並行法の視点で分析した結果がこうなったというツイートですね。

※「キアスムス(交差並行法)」についてはこの紹介などいかがでしょう。

2018年5月12日土曜日

明日の礼拝案内

主日礼拝

2018年5月13日(日) 午前10時30分


朗読箇所 ルカの福音書 20:9-18
説 教 題 「礎の石となった」
説 教 者 小嶋崇 牧師

 
エペソ書講解(10)、「かなめ石」考
(5)

※礼拝後、昼食会があります。

2018年5月10日木曜日

2018 友の会バザー

友の会バザーご案内

日時☆2018年6月7日(木)午前11時~12時20分
場所☆巣鴨聖泉キリスト教会
 豊島区巣鴨1-3-19
     活水工房(教会隣り) 豊島区巣鴨1-3-20
※開始時間前に「整理券」が配られます。

出品物:
 * 友の会ならではの吟味された・・・手作りのパウンドケーキ、マドレーヌ、ごませんべい
 * 丁寧に心をこめて作った・・・エプロン、布巾、ピロケース、鍋帽子
 * 恒例の雑貨、中古衣料など

☆収益金の一部は被災地に寄付されます。
 
主催:東京第一友の会 文京方面
 
 

2018年5月5日土曜日

明日の礼拝案内

主日礼拝
 
2018年5月6日(日) 午前10時30分

朗読箇所 使徒の働き 10:34-43
説 教 題 「使徒信条とイエスのストーリー」
説 教 者 小嶋崇 牧師

使徒信条考(3)
※聖餐式があります。

2018年4月28日土曜日

明日の礼拝案内

主日礼拝

2018年4月29日(日) 午前10時30分


朗読箇所 マタイの福音書 9:35-38
説 教 題 「羊飼いのいない羊たち」
説 教 者 小嶋崇 牧師


現代とスピリチュアル(1)

2018年4月21日土曜日

明日の礼拝案内

主日礼拝

2018年4月22日(日) 午前10時30分


朗読箇所 伝道者の書 3:1-22
説 教 題 「いつになったら目覚めるのか」
説 教 者 小嶋崇 牧師


聖書に見る人生観、伝道者の書(3)

民の愚かな者よ、気づくがよい。
無知な者よ、いつになったら目覚めるのか。
耳を植えた方に聞こえないとでもいうのか。

目を造った方に見えないとでもいうのか。
人間に知識を与え、国々を諭す方に/論じることができないとでもいうのか。
主は知っておられる、人間の計らいを/それがいかに空しいかを。
    (詩篇94:8-11、新共同訳)

《説教解説》
 伝道者の書3章1-8節は「すべてのことには時がある」という意味深な詩になっている。
 1960年代、この古代イスラエルの詩(欽定訳)に曲をつけて反戦歌にしたのがピート・シーガーであった。
 彼は詩の最後「戦いのとき、平和のとき」の「平和のとき」に「I swear it's not too late(まだ戦争はやめられる)」と自分の言葉を継いで平和への願いを込めた。
 ピート・シーガーはこのインタヴューで伝道者の書3章1-8節を解説して次のようなコメントをしている。
The world is full of opposites, inter-tangled; [世界は相反するもの同士が絡み合っている。]
good and bad tangling up all the time. [良いものと悪いものがいつも交錯している。]
Nobody knows. God only knows. [(なぜそうなのか)誰も分からない。神だけがご存知なのだろう。]
おそらく3千年(?)前の詩人も似たようなことを人生に感じていたのではなかろうか。



大ヒットとなったバーズ版